DVDコピーができる環境


DVDコピーができる環境

書き込みができるドライブが装着されてるか?

DVDをコピーするには、DVDに書き込みができるDVDドライブが必要です。まず、あなたのパソコンにDVDに書き込みができるDVDドライブが装着されているかを調べましょう。

DVDドライブの前面に対応メディアの表示があります。”DVD R/RW”や”RW ReWritable”の表示があれば書き込みが可能なDVDドライブです。
解らない場合は、カタログや説明書をご覧になって調べてください。

片面2層書き込みができるドライブか?

現在DVD-ROMには2種類の容量の違ったものが存在しています。
1つは、パソコンやゲームソフトなどで使われている容量が 4.7GBの片面1層DVD。2つ目は、映画ソフトなどに使われている大容量のデータが収められた
8.5GB の片面2層DVDがあります。

2層DVDのコピーは、ドライブが片面2層書き込みに対応していなければ、ここで紹介する方法では残念ながらコピーすることができません。

下の表は、DVDメディアが対応している書き込み方法を表しています。

対応メディア DVD-ROM DVD-R/RW DVD-R DL DVD+R/RW DVD+R DL DVD-RAM
片面1層書込み ×
片面2層書込み × × × ×(両面)
メディアの容量 4.7GB 4.7GB 8.5GB 4.7GB 8.5GB 4.7/9.4GB

メディアを購入したい方は、楽天市場の DVDメディアのショップ からお得なメディアを探せます。

残念ながら、あなたのコンピュータにDVDの書き込みに対応していないドライブが装着されていた場合は、対応ドライブのDVDハイパードマルチライブに交換するか、簡単に外付けできる外付dvdドライブを増設する必要があります。

ドライブが片面2層に対応していなくても、片面1層に圧縮してコピーする方法があります。しかし、データを圧縮するのでオリジナルの画像より多少画質は落ちてしまいますが、画質にこだわらない方にはお勧めです。
その方法は、2層DVDを1層DVDにコピーするにはで紹介していますので、そちらをご覧ください。

ハードディスク(HDD)の空き容量

DVDをコピーするには、一旦ハードディスク(HDD)にコピー元のDVDデータを保存しなければなりません。HDDの空きスペースは、最低でもDVDデータの容量以上が必要です。

最近のパソコンには高容量のHDDが装着されているので、容量不足の心配はないと思いますが、一昔前のパソコンを使用している方は確認しておきましょう。

DVDのデータは2層DVDで8.5GBなので、10GB程度あれば安心です。
空きスペースがないパソコンを使用している方は、HDDの中の不要なデータを削除して必要な容量を確保するか、HDDを増設する必要があります。

HDDには内蔵タイプと外付けタイプがあります。HDDを簡単に増設するには、外付けタイプの外付けHDDがお勧めです。これならUSBコネクタに接続するだけで簡単に使用することができます。

それでは次に、DVDをコピーするために必要なソウフトウェアをDVDコピーに必要な無料ソフトで紹介します。



投稿日:

Copyright© DVDコピーを無料でする方法!! , 2018 All Rights Reserved.